虫の声が聞こえる季節になりました。
時が早く過ぎる気がするのは私だけでしょうか。
もう、長袖シャツの季節ですね!

長袖シャツにアイロンをかけていて、思い出しました。
以前にアンティークアイロンに魅せられ、集めた事を。

アイロンの歴史は古く、電機メーカーのアーカイブスによると、紀元前1世紀頃 中国が始まりだそうです。
鍋に木炭を入れ加熱し、鍋の底で布を滑らかにしたのが始まりです。
日本では平安時代に、ひのし が見られます。
それにしても、布を洗った後のシワが、熱で伸びる事すら大発見だと思います。
元はセレブのための道具ですから、今の日常的なスチームアイロンまでの歴史は長い道のりと言えます。
17世紀頃は、鋳鉄製の塊の先を三角にし、ハンドルを付け熱した
      波打つアコーデオンプリーツ用の物
      鉄製の入れ物に石炭を入れた物
がアンティークの世界には見られます。

私のお気に入りは、イギリスのビリヤード台の為のアイロンです。
日本の江戸時代には焼きゴテ、明治にはイギリスから木炭アイロンが輸入されました。(祖母が使っていました)

1882年には電気アイロンが登場します。
スチームアイロンの登場は、1915年頃で、この特許の持ち主はなんと日本人だそうです。
1939年にはサーモスタットを装備したアイロンが発売されます。
日本でも「スーパーアイロン」として大ヒットしました。
長い歴史を経て今に至ります。

私は、アイロン以上に、Iron Trivet と言って、アイロン台が魅力的だと思います。

特にワイヤーの物に魅力を感じますし、その影が好きです。
アイロンスタンドにまで心を配り装飾しました。

全てお店でご覧いただけます。
ショッピングページ(キッチンツール)で御確認下さいませ。

コレクターアイテムのBread Boardには大変興味があります。
イギリスの友人宅では、絵画のように壁に掛け、楽しんでいました。
その中には、今では入手出来ないオークション物も有りました。

Bread は、最も日常的で古代にさかのぼる食べ物です。
そしてBorad はキッチン道具の素材として古く、歴史が有ります。
両者から観てBread Boardはキッチンアイテムの歴史を考える上で大切な道具だと思います。
Bread Boradが作られた起源は、浅い大皿が手掛りだと言われていますが、何時の時代かを特定するのは難しいと思います。
その伝統的な作り方は、その土地のクラフトマンや、手先の器用な御主人が必要に迫って作られたと言われています。
それらは、色々な木々から作られていますが、特にElm(ニレ)、Sycamore(セイヨウカジカエデ)の素材が優れています。
どちらも堅材で、弦楽器にも使われ大変高価な材質です。
  
八角形のRareなbread Board(お店にて) 

デザインはFolk Art(民藝)と呼ばれ、小麦の穂や束、お花、聖書の一説、そしてベーカリーの名前(Hovis,Allinson,Turog)も有りました。
19世紀から1920年までは、極上の意匠を凝らした物が作られたそうです。
その特徴でも有る、縁取りのような深い溝は、パンくずのこぼれを防ぐものであったり、後にはドームのガラスをはめたりしました。
そして、パンやチーズを載せ、食卓で切り分けました。
1940年頃からは、退役軍人などの収入源にもなったそうです。

購入時の注意として、
割れ、欠け、木目(正目)、ひずみ、乾燥、ねじれ、などに注意しましょう。
このアイテムは値段もさまざまで、あまり低額の物はお勧めできません。

(ショッピングもご覧ください)

Whieldon Ware(ホイールドン 焼き)
英国の陶芸家、Thomas Whieldon(1719〜1795)のお話です。

あまり聞き覚えのない名前かもしれませんが、陶器の歴史上大切な人物です。
彼の作り出す上質な陶器は、英国陶器界に多大な影響を与えました。

1740年には、自ら小さな工房をStaffordshireに持ちます。
色釉の使用による大胆な作品は、大変ステータス有る物で、大理石やべっ甲に似た効果を出したのが特徴です。
当時の上流階級では大変好まれ、評価も高かったそうです。
  
ブレッドビン(ヨークの店)              バタービン(Grandmaお店にて)

東洋から見れば、唐三彩にも似た感が有り、東洋からヨーロッパへと技術が伝わる歴史を感じます。
磁器の技術が東洋から海路やシルクロードを渡り伝わった事実です。
その後彼は、1730年に生まれたJosia WedgwoodやSpodeに大変影響を与え、徒弟として彼らに手法を手ほどき、今のイギリスにおける磁器の基礎を確立させたと言われています。

そして彼は、Wedgwoodとパートナーシップを組みます。
  
Stoke-on-Trentの美術館にて

そして、Salt Glazed ware(塩釉がけ), Agate ware(鉄錆の), Cream Coloured Earthenwareを生み出します。
中でも、有名なCream wareはQueens Ware by Wedgwood と名付けられ、王女にも愛される作品となります。

巡りめぐって,SpodeやWedgwoodが輸入され日本人に愛されるのです。不思議・・・かな!

「6月の花嫁」…6月に結婚した花嫁は幸せになれるというヨーロッパの伝承…

6月のJuneはローマ神話の女神様Juno(ジューノ)からきているそうです。
この女神様は、女性の権利や幸せを守護する神で、皆から崇められています。
そんな訳で、周りの人達からの祝福も多く、沢山の人達が集ってくるといわれます。
そして6月は一年中で最も雨が少なく、からっとしていてはつらつとした若者の季節でもあります。
  
いつもこの季節に出会う結婚式は喜びであふれています。
観客や、道行く人に一人でも多く祝福の言葉を投げかけてもらう事が幸せに繋がると…
私も若者の門出を祝い、すがすがしい気分でお祝いの言葉を投げかけました。
幸せあれ!!

陶器の街を久し振りに訪れました。
少し寂れた感が有り、街は大変静かでした。
しかし陶器美術館は圧巻で、見るもの全てのコレクションに感動し時間を忘れてしまいました。
中でもスリップウェアーは興味深く、それらは後の日本で起こる民芸運動に強い影響を与えました。
富本憲吉、濱田庄司、柳宗悦、河井寛次朗、そしてイギリス人バーナード・リーチです。
バーナード・リーチと濱田はイギリスに渡りセントアイビスでスリップウェアーの破片を見つけてコレクションします。
その後バーナード・リーチはその縁有る場所で窯を設けます。
濱田は益子焼で有名ですね。

スリップウェアーの歴史は古く、最古の物は紀元前5000年と言われ、古代中国、古代中東、
その後アフリカ、アメリカ、初期の朝鮮、古代ギリシャそしてイスラムの陶芸に広まり、イギリスでも17〜18世紀まで焼かれていました。
いずれも産業革命以前の話です。

スリップとは、陶器の表面にかけた粘土質の液のことです。
生乾きの鉢や皿にスリップをかけ、その上に筆や櫛状の物で引っかいたり、液をたらしたりと表面を立体的に浮かび上がらせて、模様を描きました。
産業革命後、やや廃れますが、現代復活し大変人気が有ります。

右端のティーセットは、濱田庄司の作品で、鉄色の釉が特徴です。
イギリス北のミュジアムで日本人の作品に出会うなんて感激でした。

War Horse「戦火の馬」を観られましたか?
第二次世界大戦下のお話ですが、大変お薦めですよ!

観てのお楽しみですが、内容はともかくその映画中、可愛い孫とお爺さんが登場します。
少女は、戦争で両親を亡くしお爺さんと暮らしています。
主人公の馬と少女が出会うのですが・・・

その農場の一軒家が、少しの時間映像になって映ります。
お爺さんは、農場でベリーを育て、それをジャムにして生計をたてています。
目を凝らして観て欲しいのは、お爺さんの手作りジャムの並べてある棚です。
  

そのジャム棚が、このシューラックです。
実際に機能しているアンティークを映画で観るのは素敵ですよ!
生活そのものにとけこんでいますからね。

このシューラックは、私の友 P氏が撮影のために納めました。
画像はそれと同じ物です。
彼の手持ちの一本を譲っていただきました。

この様にして、映画の中で沢山アンティークを観る事が出来ます。
話の内容もさることながら、背景を見渡すのも楽しいですよ。
又映画の見方が変わります。
舞台の設定や、調度品、衣類、などの時代背景は何より大切な欧映画界、時間もお金もかけて1本の映画が出来上がります。
全て本物が要求されます。
特に私は、イギリス映画が好きです。
俳優は舞台出身が多く、シェクスピア劇場で学んだ俳優も数知れません。
あちらに行くと、普通にレストラン、路上で出会う事が有ります。
皆普通の人に見えますが、演技を始めるとプロに変身します。

是非素敵な映画を観てください!

ロンドン特有の雨に緑が映えて、美しく感じます。
街角の花屋さん!空間の使い方が素晴らしく、アップダウンして置かれた緑が、まるでステージに立っているかの様です。
アンティークなシードボックスが季節に合わせペイントされています。
カラーが素敵ですね!
   

街の騒音を忘れるコーナーです。
いつ来ても、映画のワンシーンにたたずんだ気がします。
ここのオーナーは、マッチョなお兄さんです。

美味しそうでしょう!
ここは有名なベーカリーです。

別腹と言いますが、本当にお口がモゾモゾしてきます。
そしてこの香り!焼きたての音まで聞こえます。

職人が、窯から出して来て並べ始めました。
なんと素敵なディスプレーでしょう!慣れた手つきで、パンと会話しているのか、焼きたてパンが喜んでいるようです。
アンティークのバスケットやシェルフに並べられると、見事なオブジェに変身!
バスケットからこぼれ落ちそうな雰囲気はニックイですね!

腕組みして見入ってしまいました、そして職人が振り向きウィンク!

アンティークのバスケットに包まれたパンが、笑っているようでした。

何時も馴染みのお客様からのレポートを御紹介します。
私のアンティークに対する気持ちや、かかわり方が大変似ていて嬉しく思いました。
これがまさしくアンティークの面白さ、妙味だと思います。
Kさん グッド 拍手

    

「あ、素敵なフォルム!なんじゃこりゃ?!」
私は、普段は気にしない一番上の棚に有るブラウンの缶に手を伸ばしました。

手に取り、ネルの布巾でシュッシュッと拭くと、
”BRITISH EMPIRE EXHIBITIONS 1925”の文字、ライオン、そしてLIPTONの文字が!
気になった私は、少し調べてみました。

私が小一時間ほど磨いていたのは、帝国展覧会を記念して作られた、リプトン社の土産用のティーキャディーだったのです。

雄々しくもスタイリッシュなライオンは、FC HERRICKがデザインした展覧会の公式マークだそうです。

帝展は、1924年から1925年にかけて、北ロンドンの田園地帯ウェンブリーで開催されました。経済振興、大英帝国の結束、信頼を高める事を目的としていたようです。

時代背景を簡単にまとめると、第一次世界大戦で多くの優秀な若者が命を落とし、希望をなくし、頼みの基幹産業は、安価で質の悪い製品を作るアメリカに追い越され、帝国は危機感を抱いていました。

1924年の帝展は、70年前に開催されたロンドン万博には遠く及ばなかったと評されているようですが、リプトンのティーキャディーを手に取り眺めていると、当時の帝国の気高いプライドを感じます。

安かろう悪かろう、質の悪い製品を生産する当時のアメリカ。彼らの真似できない物を作ろうとした帝国のプライド、職人の技をアールデコのティーキャディーに感じます。

普段は気にも留めない、高い棚の上。
そこにチンと座し、私たちを見下ろすティーキャディー。
「ワタクシはね!帝国のプライドそのものを象徴しているのよ!丁寧に磨きなさいよ」

口があったら、そう言うに違いない。

ホットコーヒーケーキ
Kさんは、グランマーズキッチンに初めて入った時に、「ここはライブラリーだ!」と思ったそうです。
書庫なら、積んで置くよりは、手にとって読むべきでしょうね読書

Kさん、楽しいレポート有難うございます。
又磨きに来てください!ケーキをご馳走いたします。
本当にピカピカ光っています。

お便りが届きました!
ヨーロッパは寒波到来雪
北から南まで、大雪で大混乱!
空港、ハイウェー、レールウェーも街のどこかしこもまひ状態ですって!
常日頃、雪が珍しい国では、設備も完全でなく、部屋の中でコートやブランケットを羽織っているそうです。
ソリを使ってお出かけとか。
防寒用の衣類やブーツが品切れです。ヒートテックが人気とか・・・
   
でも、その分家に居ることが多く、手作りのカウントダウンカレンダーが出来たそうです。
とても暖かな雰囲気が伝わり、心が安らぎますハート
北の国では手作りの文化が続くのも、天候のせいかも知れませんね。


Search

Category

Link

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Comment

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM