アンティークの世界には、色々な品が出てきます。
「これ何?」「何に使うの」「素材は?」「いつ頃のかしら」等々。
それらを尋ねる事によって、お国柄や、人柄、生活習慣を読み取る事ができます。
そんな中で、いつかは役に立つ面白い物として取って置いた品が沢山有ります。
人さまから見れば「何?このがらくた・・・」かも知れませんが、私にとってはダイヤより大切な物なのです、マイコレクション!
ボタン、ハンドル、鍵、今は使えないでしょグッズ、等々・・・

さてその中でも宝石のように美しいと思う品の一つが「ヴィクトリアングラスハンドル」です。
勿論手作りの品ですが、どれも少しづつ形が違い、顔が違って見えます。
  
先日、お客様がそのハンドルをお気に召して、お買い上げいただいたヴィクトリアンパインテーブルのハンドルと取り替えられました。
オリジナルも大変素晴らしいと思いましたが、取り替えると違った美しさへと変化します。
より優しくエレガントになりました。
こうしてまた伝えられ、受け継がれることの喜びを感じます。

新居にデリバリーさせて頂くのが楽しみです。

Related Entry
Comment
おぉっと!!素敵です♪気になっていたアイテムです。
私は北欧の百均ショップでお手頃なツマミを
チョイスしました。
  • キドニービーンズ
  • 2014/08/02 11:44





   

Search

Category

Link

Profile

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Comment

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM